ファスナー開閉式スーツケースとフレームタイプスーツケース - スーツケース・キャリーバッグのスーツケース工房【本店】


ハードスーツケースの種類と選び方

●ファスナー開閉式スーツケースとフレームタイプスーツケース
ファスナー開閉式スーツケースとフレームタイプスーツケース
ファスナー開閉式スーツケースとフレームタイプスーツケースの違い
最近では、フレームを無くした、ファスナー開閉式のハードスーツケースが良く売れています。
このタイプのメリットは、もちろん「軽さ」ですが、実は「スーツケースが壊れにくい」という意外なメリットもあります。

ファスナー開閉式のスーツケースは、フレームに相当する部分が布のため、フレームがありません。 そのため、本来フレームで耐える部分をスーツケース全体で分散することで、衝撃によるフレームのゆがみやフレームが耐えることによる他のパーツの破損といったものが軽減されるのです。 ただし、衝撃は中の荷物へ伝わってしまいますので、荷物の保護性が低いというデメリットもあります。

その他、セキュリティー性が低いという点も挙げられます。
フレームタイプは、こじ開けようとした場合にバール等を使用する必要がありますが、ファスナータイプはカッター等で切ることが可能です。
しかしながら、スーツケース盗難の多くは、スーツケースごと持って行かれてしまうので、正直どちらも同じだと思われます。

これまで、たくさんのお客様に「どちらがいいの?」と聞かれておりますが、どちらが良いという結論は申し上げられません。
なので、以降で「どのような方が、フレームとファスナーどちらのタイプを選ばれたかという内容」をまとめてみましたので、ご参考になさってください。

【ファスナータイプを選ばれる方】
 ・海外の知り合いに、出来るだけ多くのお土産を持って行きたいので、とにかく軽いスーツケースが良い。
・お買い物旅行に行くので、とにかく軽いスーツケースが良い。
 ・海外旅行には、衣類くらいしか入れないので、中身の保護性より、スーツケースが長持ちした方が良い。
 ・帰りに荷物が増えたときに、マチが広がるタイプが欲しい。

【フレームタイプを選ばれる方】
 ・機内持ち込みが出来ないお酒や香水などを、よくお土産に買うので、中身を保護したい。
 ・やっぱりファスナータイプはちょっと不安。

家族との海外旅行で、お酒や香水を買う予定があるなら、フレームタイプ、ビジネスで提携工場へ行く際は、お土産を沢山持っていくのでファスナータイプというように使い分けてはいかがでしょうか。
※補足ですが、ファスナータイプは、荷物を沢山入れて持ち上げると、剛性が低いので少し撓んでしまい、量るともちろん軽いのですが、メリットである軽さを実感することができません。
ハード スーツケースの選び方と種類に戻る
当日発送OK! スーツケースもソフトキャリーも、全国送料無料!
現在のお届け予定日
2019年08月20日
(翌日配達地域の場合)
スーツケースだけじゃない、ククがオススメする海外旅行に便利なサービス
営業日カレンダー
2019年8月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
HOME | お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記ついて | サイトマップ

上へ